本の畑

えっちらおっちら耕す、本やら何やらの畑。情報は芋蔓のように地下でつながっている。たぶん

安すぎるキュウリ


上の画像は先週、近所のスーパーで買ったキュウリ。
左側の普通のキュウリは4本で105円。
右側の小ぶりな方はもろきゅうとか、サラダに使うといいのかな。
14センチくらいものが15本入って157円です。

キュウリの値段を詳しく記憶してないんだけど、
出盛りでも4本で105円ということにはならない、普通は。
原発事故がらみの消費者の買い控えの影響が、もろに出てるってことでしょうねえ。
安すぎるもん。農家さん、大丈夫か。

で、買い控えに対するスーパーの知恵の絞りように、わたしゃ笑ってしまったですよ。
いつもは袋に入った野菜が台の上に山積み。
で、その山の頂上(?)付近に印刷物や手書きのPOPが突き刺さってて
<○○産 キュウリ △△△円>と表示されてます。
ところがね、震災の後、これが変わった。



<もろきゅう 157円 産地商品記載>
ですってよ。で、袋を見るといつになく小さい値札シールに
白黒が反転した読みにくい文字で産地が書かれてる。
小さすぎて老眼には見えません(笑)。

安全性が確認された品物しか流通してないんだから、
普段どおりの表示でいいじゃん、と思うのは少数派なんだろうなあ。
露地ものならまだしも、ハウス栽培の野菜まで値崩れするとは。
スーパーにしてみれば、販売のための工夫を必死にやらざるをえないんだろうね。
フクザツな気持ちになるよ。

まあ、怖さに対する閾値のようなものは
ほんとに人それぞれだと思うから、買い控える人を責めようとは思わないけど
(昨年収穫された福島のお米を敬遠するお馬鹿さんは論外よ、もちろん)
平気な人はじゃんじゃん買いましょうよ、野菜。

ちなみにさきほどスーパーに行ったところ、
小さすぎる値札シールはさすがに不評だったのか
タテ約4センチ横7センチ強の見慣れたサイズのものに戻ってました。
キュウリは相変わらず安く、千葉産の今日のお値段は4本で105円。
NPOや雑誌「dancyu」が産地応援のために販売している、
宅配野菜のリンクも再掲しときますよん。


*野菜を買って産地を応援*

  • 雑誌「dancyu」が応援している

産地応援・お買得やさいセット」1780円+送料

  • NHKのニュースで見かけた茨城の宅配野菜は、茨城のNPOごきげんファームが提供。

茨城農産物サポートプロジェクト」2840円(送料込)